SUBSCRIPTION

音楽ストリーミングサービスならコレ一択!「Spotify」

サブスクリプション「Spotify」とは?

出典:Spotify

現在一言で、「音楽ストリーミングサービス」といっても、複数のサービスがあります。それぞれがそれぞれの個性を発揮し、利用者を楽しませてくれていますが、その中の1つが「Spotify(スポティファイ)」です。最近は、テレビCMでもよく目にするようになりました。

Spotifyは、世界2億3000万人以上の方が利用、支持する一大音楽ストリーミングサービスです。5000万曲という膨大な配信数と30億以上あるプレイリストの数は圧倒的。利用可能デバイスも様々で、スマホはもちろんタブレット、PC、テレビ、ゲーム機といった幅広いデバイスで利用が可能なため、場面に応じて利用可能です。

iPhoneでおなじみのAppleでも、「Apple Music」という定額制の音楽ストリーミングサービスがありますが、SpotifyはこのApple Musicと並ぶシェアを誇っています。

Spotifyでは料金体系として、無料プランと有料プランが用意されています。

Spotifyメイン機能をご紹介

数ある音楽ストリーミングサービスの中で何を選ぶか迷った時、サービスの特徴などをあらかじめ知っておくことで、どれを利用するかを選んだり、見極めるポイントになります。今回はSpotifyについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

世界中の人が作成したプレイリストを利用可能

豊富な楽曲数を誇るSpotifyですが、プレイリストの数も非常に豊富です。プレイリストというのは、1つのテーマに沿って様々な楽曲を集めたオリジナルの音楽リストです。例えば「春」をテーマにしてプレイリストを作るとしたら春というキーワードに沿ったいろんな歌手のいろんな楽曲がそこに集約されます。

Spotifyでは、他の音楽ストリーミングサービスと比較して、このプレイリスト機能が非常に優位を誇っています。

というのも、プレイリストは通常、自分自身しか利用できません。しかし、Spotifyではこのプレイリストを世界中と共有することができ、自分が作成したプレイリストを別の人が聞くことができたり、反対に自分が誰かの作成したプレイリストを聞くこともできます。

こういったプレイリストをきっかけにヒット曲が生まれることも珍しくないのです。ちなみに自分で作成したプレイリストは公開、非公開の設定ができますが、公開してSNSで拡散することもできます。

自分の再生履歴からAIおまかせプレイリストを作成

Spotifyでは、自分が過去に再生した楽曲や評価した楽曲データをAIが蓄積、学習しオススメ楽曲を集めたプレイリストや気に入るであろう最新リリースを集めたプレイリストなどを提供してくれます。これによって、今まで聞いてきた曲のテイストに近いけど、新しい楽曲との出会いにも繋がります。

豊富なカテゴリー分け

音楽は、JPOPやヒップホップ、ロックなど様々な音楽ジャンルに分けることができ、Spotifyでももちろんこういったジャンルごとの楽曲のカテゴリー分けはされていますが、音楽ジャンル以外にも運動(ワークアウト)に適した曲や睡眠時(スリープ)、チルアウトといった日常の様々なシーンに合わせたカテゴリー分けもされているため、シーンや気分にあった音楽を楽しむこともできます。

アプリ、WEBブラウザ、PCアプリ、ゲーム機などのマルチデバイスに対応

Spotifyは、スマホはもちろんタブレット、PC、テレビ、ゲーム機といった幅広いデバイスで利用が可能なため、場面に応じて利用可能です。この幅広さはApple Musicなどの他のサービスにはない特徴です。

無料プランと有料プランの違いは?

Spotifyには、大きく2つの料金プランがあり「無料」か「有料」かに別れます。ここでは、有料プランの料金や無料と有料の違いについてみていきます。

有料プラン(プレミアムプラン)の料金

Spotifyでは、有料プランのことを「プレミアムプラン」と呼びます。このプレミアムプランでは4種類のプランが用意されています。

プレミアムプラン

Standard980円 / 月額1つのアカウントで利用可能
Duo1,280円 / 月額2つのアカウントで利用可能
Family1,480円 / 月額最大6つのプレミアムアカウントが利用可能
Student480円 / 月額1つのアカウントで利用可能

一人分の契約であれば、間違いなく「Standard」、カップルなどには「Duo」、家族で利用するなら「Family」、学生なら「Student」を利用すれば間違いないだろう。

無料プランとプレミアムプランを比較

音楽再生

無料プランでの音楽再生は、シャッフル再生のみとなります。そのためアルバムを収録曲順に聴いたり、プレイリストを1曲目から順に再生をすることはできません。したがって、中々聴きたい曲へたどり着かないということもよくあります。

その点、プレミアムプランであれば好きな曲を再生することができ、アルバムの順番通りの再生も可能です。

音声広告の介入

無料プランでは、数曲再生すると15秒〜30秒程度の音声広告が必ず入ってきます。これが意外と邪魔で、YouTubeの広告のようにスキップできないので、必ずすべて聴かなくてはなりません。無料である以上文句は言えませんが、音楽を聴いている側としてはかなりのストレスになります。

プレミアムプランでは、こういった広告はもちろん入ることはなく、快適に音楽を楽しめます。

曲のスキップ制限

無料プランでは、曲のスキップ回数にも制限があります。1時間に6回までと制限が設けられているため、聴きたい曲のためにスキップし続け、すぐに消化してしまうということもしばしば、、、

プレミアムプランでは、スキップ回数の制限はありません。

ダウンロード&オフライン再生不可

無料プランでは、楽曲のダウンロードができないため、オフライン(圏外や機内モード)での再生はできなくなっています。また電波の悪い地域などでは、通常のストリーミング再生でもなかなか再生されないなどの支障が出ることもあります。なので、そういったところでも音楽を聞きたい時に、やはりダウンロードができてオフライン環境でも再生できるプレミアムプランのほうがかなり便利と言えますね。

音質制限あり、、、

音楽が好きな方の中には、音質にこだわる方も少なくありません。そういった方のためにSpotifyでは、最高音質(320kbps)を用意しています。しかし、無料プランではこの最高音質で聞くことはできず、高音質(160kbps)まででしか聞くことができません。

音質には、こだわらないという人なら問題ありませんが、せっかく聴くなら音はきれいな方が断然いいですよね。

【Spotifyが用意している音質区分と通信量】※5分程度の楽曲の場合

  • 低音質(24kbps):約1MB
  • 標準音質(96kbps):約4MB
  • 高音質(160kbps):約7MB
  • 最高音質(320kbps):約15MB

 

まとめ

以上、Spotifyの基本情報をお伝えしてきました。様々な音楽ストリーミングサービスがある中で、Spotifyにしか無い強みも多々あります。Apple Musicと方を並べるサービスとして申し分ないクオリティです。特にインターフェイス(操作画面)においては、某人気ガジェットYouTuberさんも絶賛で、Apple Musicよりも圧倒的に使いやすいとのコメントもあったほど。

まずは、無料プランで操作感などを試し、気に入ればプレミアムプランへ移行していくのがベストといえるでしょう!とはいえ、有料のプレミアムプランも無料期間がついているので、お試しで契約してみるのも良いかもしれません!

音楽で日常がさらに色づき、華やかな日々を過ごせますように。

▼スポンサーリンク▼

  • この記事を書いた人

シシマル(SHISHIMARU)

2021年に初ブログを開始。仕事、子育ての合間に記事を書き、2ヶ月でわずか6記事にもかかわらずダメ元でGoogleAdSenseに審査を出したところ、一発合格。現在もスキマ時間を活用して記事を執筆中。収益3桁ブロガー。アイコン作成:とねむにか様

© 2021 MONOKOTO|MINIMAL Powered by AFFINGER5