DIARY

【備忘録】因縁の扁桃炎との決別手術と地獄の入院生活:2日目

さて、やってきました運命の手術日。

手術前までは、余裕綽々だったのですが手術後には一変。地獄を迎えます。

 

ここでは、手術当日の時系列や手術時、手術後に体感したことを記していきます。

前もって知っておけば、心の準備もできると思いますので、参考にしてみてください。

 

入院3日目 手術当日

7時半頃

起床。昨晩あまり眠れなかったものの、朝の調子はそこまで悪くありませんでした。

朝食は抜きで、10時以降は水、お茶も禁止されました。

 

10時頃

昨日浴びれなかったシャワーを浴びて、準備はOK。

10時以降、絶飲食だったのでもちろん昼食もなし。

 

13時頃

看護師さんの案内で手術着へ着替え。

手術着と言ってもズボンは履いたまま、上半身だけ裸になり長いバスローブみたいな薄っぺらい服に着替えます。

 

14時頃

手術のお時間です。

部屋で待機していると、看護師さんが呼びに来てくれ手術室まで歩いて移動。ここから若干の緊張が…。

手術前に名前の確認とアルコール消毒を行い、いざ手術室へ。意識がある中で移動したので、全体の雰囲気が見れて新鮮でした。ただ、物々しい雰囲気でしたね。ドラマで見る感じです。

 

さぁ、手術開始です。ここから要注目ですよ!

まずは、ベッドに横になり看護師さんにタオルを掛けてもらい、下着とズボンを脱がしてもらい、手術着だけになります。

続いて、心電図や脳波の機械を取り付けます。

 

最後に麻酔を入れていくのですが、全身麻酔の場合、ドラマとかでよく見る口に呼吸器みたいなのをつけて、落ちていくのかと思いきや、麻酔は注射で注入。

麻酔注入中は、針を指した部分がかなり強い痛みを感じますが、5秒ほどで目の前が揺らいできて、目を開けてられなくなります。

そこから意識は一切ありません。

 

17時頃?(時間があまり定かでない。)

手術終了後、病室に戻る間に看護師さんから声をかけられながら戻ってきた。と思います。

といいうのも、頭では多少意識が戻っていても麻酔が抜けきっていないため、まぶたが重く目が開けられず、かろうじで声が聞こえるぐらいの状態でした。

 

病室に戻った後は、なんとか嫁に手術が終わったことを連絡しないとと思い、貴重品ボックスからスマホを取り出し、LINEをしようとしたのですが

画面はユラユラ、手はブレブレで送るのに一苦労でした。

 

LINE後、ベッドに横たわるとそのまま爆睡。

途中で看護師さんが、鼻から酸素を入れる呼吸器をつけ、また爆睡。

このあたりはもう、意識が朦朧として何をしているかあまり分かってませんでした。

 

この日は、そのまま就寝となりました。

 

3日目へ続く…

【備忘録】因縁の扁桃炎との決別手術と地獄の入院生活:3日目〜退院

術後の入院生活は、ほとんど同じルーティンで時間が流れていったので、時系列では書かずにイベントごとに書いていきたいと思います。   目次 術後の痛み食事 ...

続きを見る

▼スポンサーリンク▼

  • この記事を書いた人

シシマル(SHISHIMARU)

2021年に初ブログを開始。仕事、子育ての合間に記事を書き、2ヶ月でわずか6記事にもかかわらずダメ元でGoogleAdSenseに審査を出したところ、一発合格。現在もスキマ時間を活用して記事を執筆中。収益3桁ブロガー。アイコン作成:とねむにか様

© 2021 MONOKOTO|MINIMAL Powered by AFFINGER5