GADGET

スマホジンバルユーザーが気にすべきiPhone12のMagsafeとは?

今回は、iPhone12搭載のMagsafeについて書いていきたいと思います!

スマホジンバルユーザー(特にDJIOM4)を利用する人には、Magsafeとの互換性がかなり重要になってくるので、ぜひ見ていただきたい内容となっています。

 

 

 

というわけで、本記事を読んで分かることはコチラ!

読んで分かる!

  • Magsafeって何?メリット・デメリット
  • MagsafeとQi(チー)充電の違い
  • 磁気利用のスマホジンバル「DJIOM4」で気をつけたいこと

 

まずはMagsafeについて知る

Magsafeとは、簡単に言えば「磁気を利用した無線充電システム」です。Appleでは、これを「アクセサリの新しいエコシステムです。」と定義しています。

これまで、コード(ライトニングケーブル)での煩わしかった充電方法とは異なり、磁気による貼り付けのみで充電が可能になっています。

Magsafe対応iPhone

☑ iPhone12

☑ iPhone12 mini

☑ iPhone12 Pro

☑ iPhone12 Pro Max

基本的にMagsafeが搭載されているのは、iPhone12シリーズのみです。それ以前のiPhoneシリーズは「Qi(チー)充電」が搭載されています。

「Magsafe」と「Qi(チー)充電」の違いは後ほど解説。

 

Magsafeのメリット

ココがポイント

☑ ワイヤレス充電がより便利に!

☑ 純正保護ケースならケースにも磁力があり、ケースを付けたまま充電可能

☑ 磁気対応背面カードケースでクレカなどをスマホと一緒に持ち運べる

 

ワイヤレス充電がより便利に!

ワイヤレス充電自体は、iPhone8から搭載されており「置くだけで充電できる」として就寝時の充電などで大きなメリットがあります。

しかし、少し置き場所がズレると充電が出来なかったり、充電しながらスマホを触るには結局ケーブルを接続するしか無いというデメリットもありました。

しかし、これらを解決したのが「Magsafe」です。

磁力を利用するため、多少の力ではズレることもなく、背面に付けるだけなので充電しながらスマホを操作することも可能です。

 

純正保護ケースならケースにも磁力があり、ケースを付けたまま充電可能

実は、iPhone12専用の純正ケースは磁力を利用して、本体とケースを固定できます。これによってケースの着脱が非常に簡単になりました。

もちろん、ケースを付けたままワイヤレス充電も可能です。

 

磁気対応背面カードケースでクレカなどをスマホと一緒に持ち運べる

iPhone12では、Magsafeの搭載とともに新しいアクセサリとして、「Magsafe対応iPhoneレザーウォレット」が販売されています。

このレザーウォレットにも磁石が内蔵されており、iPhone12の背面と磁力によって着脱が可能です。

これによって、クレジットカードなどを出す際にわざわざ財布を開く必要も無くなり。

カードの磁気不良に関しても、「シールド機能」が搭載されているため安心して利用可能です。

 

Magsafeのデメリット

ココがダメ

☑ 対応アクセサリは、基本別売りで値段も高価

☑ クレカ等の磁気不良を起こす危険性あり

 

対応アクセサリは、基本別売りで値段も高価

基本、アクセサリ類は全て別売りとなっています。価格帯としては、Magsafe対応ワイヤレス充電器は4,500円、対応保護ケースは5,500円〜と少々高価です。

今後、各メーカーがMagsafe対応のアクセサリを販売すると考えられ、比較的安価なアクセサリ類も発売されるかと思いますが、金銭的に余裕のある方は純正品の購入をおすすめします。

 

クレカ等の磁気不良を起こす危険性あり

上記では、シールド機能があるため磁気不良を起こす危険はないとお伝えしましたが、それはあくまでも「Magsafe対応iPhoneレザーウォレット」を利用する場合に限ります。

直接カードなどの磁気製品をiPhoneに近づけると、利用ができなくなる可能性もありますのでご注意ください。

 

MagsafeとQi(チー)充電の違い

どちらもまとめて「ワイヤレス充電」と呼ばれますが、大きく2つの違いがあります。

 

① 充電速度

② 吸着力

 

まず、①の充電速度ですが、基本的に供給される電力が多ければ、それだけ本体に対して給電できる量が多くなるので充電のスピードは早くなります。

出力数は、Qi充電(Apple純正)で7.5W、対してMagsafe充電は2倍の15Wとなっており、同じワイヤレス充電でも圧倒的にMagsafe充電の方が早くなります。

 

次に、②の吸着力ですが、上記でも記載してきたとおりMagsafeは磁力を持ちワイヤレス充電器と張り付く形で接続されます。そのため簡単には外れず、ズレも起こりにくくなっています。

Qi充電のように「置くだけ」とは異なり、「張り付く」という機能によって高速充電をしながら手に持って操作をすることも可能です。

 

圧倒的にMagsafeの方がメリットが大きいですね。

 

▼「Qi充電」について詳しく知る▼

【Qi充電】語源は中国?本当の読み方や仕組み、Magsafeとの互換性を解説!

シシマルこれまで普通に「キュー・アイ」と読んでたのが恥ずかしい…   「Qi充電」について 簡単に、「Qi充電」について解説します。   ご ...

続きを見る

 

磁気接続が売りのスマホジンバル「DJIOM4」とMagsafeの互換性

スマホジンバルとしてDJIから発売されている「DJIOM4」ですが、その特徴は時期によるスマホの着脱が可能なことにあります。

ということは…です。

Magsafeも磁気を利用しているのであれば、ジンバルへのセットは張り付けるだけ利用できる可能性があるのです!

 

では、果たして本当に張り付くのか…真相はこちらをご覧ください。

 

まとめ

まず、iPhone12を手にしているならMagsafeの機能を使わないのは、もったいないとしか言いようがありません。

純正のアクセサリ類は少々割高に見えますが、スマホを頻繁に変えないのであれば、長い目で見ても利用できます。また、今後発売されるiPhoneにもMagsafeは搭載されるはずですので、使い回しも可能と考えれば、買っておいて損はないと思います。

スマホジンバル、特にDJIOM4との互換性については、関連記事をご覧いただきお確かめください!

 

 

▼スポンサーリンク▼

  • この記事を書いた人

シシマル(SHISHIMARU)

2021年に初ブログを開始。仕事、子育ての合間に記事を書き、2ヶ月でわずか6記事にもかかわらずダメ元でGoogleAdSenseに審査を出したところ、一発合格。現在もスキマ時間を活用して記事を執筆中。収益3桁ブロガー。アイコン作成:とねむにか様

© 2021 MONOKOTO|MINIMAL Powered by AFFINGER5